救急車の適正利用のお願い

近年、救急車の出動件数・搬送人員数はともに増えており、救急隊の現場までの到着時間も遅くなっています。
また、救急車で搬送された人の約半数が入院を必要としない軽症という現状もあります。

そこで、皆様に上手に救急車を利用していただくため、
救急車を上手に使いましょう 〜救急車 必要なのはどんなとき?〜』を作成しました。
この中には、

  • 救急車を呼んだら用意しておくべきものなど「救急通報のポイント」、
  • 重大な病気やけがの可能性がある「ためらわず救急車を呼んでほしい症状」、
  • 実際に救急車を呼ぶ場合の「救急車の呼び方

などを載せていますので、救急車を呼ぶべきかどうか判断に困った場合などに、活用していただければと思います。

また、リーフレット救急車の適正利用を!!』(全国消防協会発行)もご活用ください。

救急車や救急医療は限りある資源です。みんなで上手に利用し、
救急医療を安心して利用することのできる社会を目指していきたいと思います。


PDF版はこちら
救急車を上手に使いましょう 〜救急車 必要なのはどんなとき?〜(平成23年3月 発行)