上益城消防フェア2018の開催について

上益城消防本部では、毎年地域の皆様を対象に、防火防災意識の向上と普及啓発を図る為、消防フェアを開催しています。本年度も下記のとおり開催する運びとなりましたのでお知らせします。多数の方のご来場をお待ちしております。

日時:平成30年10月13日(土曜)10:00~14:00

場所:イオンモール熊本(嘉島町大字上島字長池2232)※1階イーストスクエア及び3番駐車場一帯

内容

【屋内イベント】上益城消防本部管内幼年消防クラブ員の「消防の絵」展示、救急法実演と指導、体力測定と健康診断、医療機器の展示、ぬり絵・ペーパークラフトコーナー

【屋外イベント】水消火器体験、ミニ消防車試乗、煙体験、上益城消防署救助隊による訓練展示及び資機材展示、綱渡り体験、ボルダリング、消防車両の展示、住警器設置と相談、防炎物品展示、危険物に関する相談、住宅耐震相談等

主催:上益城消防本部

協力:イオンモール熊本、上益城地区危険物安全協会、熊本県消防設備協会、上益城郡医師会、上益城MC協議会、御船保険所、日本船舶㈱、上益城幼少年婦人防火委員会、熊本総合医療リハビリテーション学院、熊本県県央広域本部、嘉島町、御船町、甲佐町、山都町

後援:熊本日日新聞社

2018 ポスター

第44回熊本県消防救助技術大会結果 第47回九州地区消防救助技術指導会及び第47回全国消防救助技術大会出場について

第44回熊本県消防救助技術大会陸上の部が5月25日に、水上の部が6月22日に行われました。陸上の部は熊本県消防学校、水上の部はアクアドーム熊本で行われ、県内の消防職員が日頃の訓練の成果を競い合いました。

当消防本部から陸上の部に6種目計24名、水上の部に3種目計11名の職員が出場し、陸上の部では、引揚救助の部において北野隊員チーム(本田士長、北野消防士、藤本消防士、岩永消防士、松村消防士)が2年連続で九州大会の出場権を獲得し、平成30年7月20日に大分市で開催される、第47回九州地区消防救助技術指導会に出場となりました。

また、水上の部では、基本泳法の部において植松消防士が出場選手中、1位のタイムを記録し、平成30年8月24日に京都市で開催される第47回全国消防救助技術大会へ出場となりました。

    

 

   

小規模な飲食店への消火器具の設置について

1 飲食店への消火器具の設置について

平成28年12月22日に発生した新潟県糸魚川市における大規模な火災を受けて、消防法令が改正されました。今回の改正により、小規模な飲食店にも2019年(平成31年)10月1日からは、消火器具の設置が必要となります。

【参考リーフレット】

小規模飲食店リーフレット

2 新たに消火器具の設置が必要となる飲食店

今回の消防法令改正の改正で、消火器具の設置義務が次のとおり変わります。

【改正前】(2019年(平成31年)9月30日まで)

  延べ面積が150平方メートル以上の飲食店                                            

【改正後】(2019年(平成31年)10月1日から)

次のいずれかに該当する飲食店は、消火器具の設置が必要となります。

(1)火を使用する設備又は器具のある飲食店

規模にかかわりなく設置が必要となります。

ただし、火を使用する設備又は器具に「防火上有効な措置」が講じられてい

れば必要ありません。

(2)延べ面積が150平方メートル以上の飲食店

3 「防火上有効な措置」の例

前2(1)の「防火上有効な措置」とは、次の装置等が取り付けられている場合に該当します。詳しくは消防署にお問い合わせください。

(1)調理油過熱防止装置

  鍋の温度の過度な上昇を感知し、自動的にガスの供給を停止する装置です。

  コンロに「調理油過熱防止装置」が取り付けられている場合は次のマークが付い

  ています。

                         【Siマーク】

                        【PSマーク】(2)自動消火装置

厨房設備の火災を自動的に感知し、消火薬剤等を放射して火を消す装置です。

(3)圧力感知安全装置(カセットコンロ)

過熱によるカセットボンベの圧力上昇を感知して、自動的にボンベを外す装置です。

4 お問い合わせ先

  受付窓口       連絡先          管轄区域

 上益城消防署  096-282-1955  (御船町・嘉島町・甲佐町)

 山都消防署   0967-72-1610  (旧矢部町・旧清和村)

 蘇陽出張所   0967-83-0118  (旧蘇陽町)

             

              このページに関するお問い合わせは

             上益城消防組合消防本部  予防指導課

             電 話 096-282-1963

             FAX 096-282-3282

             メール fs-yobou@kamimashiki-fd.or.jp

 

 

 

 

危険物関係の試験・講習会及び免状書換えの案内等について

平成30年度 危険物取扱者試験のご案内

一定数量以上の危険物を貯蔵し、又は取り扱う化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設には、危険物を取り扱うために必ず危険物取扱者を置かなければいけません。

申請関係: 財団法人 消防試験研究センターhttp://www.shoubo-shiken.or.jp/branch/42kumamoto/
(申請書類、電子申請書類及び申込期間等)

 危険物取扱者保安講習(法定講習)案内

消防法第13条の23の規定により、危険物取扱者免状の交付を受け、危険物施設(製造所、貯蔵所又は取扱所)において危険物の取り扱いに従事している者は、定められた期間内に都道府県知事が行う危険物の取扱作業の保安に関する講習を受けなければなりません。

申請関係 :一般社団法人 熊本県危険物安全協会 http://kuma-kiankyo.or.jp/publics/index/16/

 危険物取扱者試験準備講習会案内

 平成30年度危険物取扱者試験実施に伴い、試験準備講習会(乙4類)が開催されています。

申請関係 :一般社団法人 熊本県危険物安全協会 http://kuma-kiankyo.or.jp/publics/index/12/

危険物取扱者免状の書換えについて

危険物取扱者は、免状の記載事項に変更を生じた場合には免状の書換えを申請しなければなりません。
書換え事項等については こちら

申請関係: 財団法人 消防試験研究センター http://www.shoubo-shiken.or.jp/license/index.html
(申請書類、電子申請書類等)

※ 尚、各種申請書類等の案内関係は、上益城消防本部及び山都消防署にもありますので、お問い合わせ下さい。

【申込書配布及び問合せ先】

 〒861-3206
上益城郡御船町辺田見169
上益城消防組合消防本部 予防指導課危険物係
電話:096-282-1955 ㈹

 〒861-3517
上益城郡山都町畑1026-1
上益城消防組合 山都消防署 予防係
電話:0967-72-1610 ㈹

弾道ミサイル発射時の行動について

弾道ミサイルが発射された場合の行動について、内閣官房より地域住民の皆様へとっていただきたい行動について、資料が作成されましたのでお知らせします。ミサイルは発射から短時間で日本へ到達する可能性があります。地域住民の皆様におかれましては、別添の資料を参考の上、身を守る為に必要に応じた避難行動をとられますようお願いします。

リンク:国民保護ポータルサイト http://www.kokuminhogo.go.jp/kokuminaction/

○リーフレット

簡易版

子ども向け

避難行動の必要性をより深く理解していただくために

平成29年度 更新車両の紹介

この度、平成29年度事業で当消防本部の消防車両を更新しました。資機材等も最新のものを導入し、より高度な活動が可能となり、地域住民の皆様の安心安全を守る為、活動しています。

車両見学につきましては上益城消防署へ連絡いただければ、緊急時以外は対応できますのでお問い合わせください。

○救助工作車Ⅱ型(上消救助1)

ベース車両:日野 レンジャー 5.5t級消防専用シャシ

艤    装:株式会社いちはら工業 株式会社帝国繊維

サ  イ  ズ:長さ 7710mm 幅 2400mm 高さ 3160mm

特    徴:平成29年度緊急消防援助隊設備整備補助を受け、平成30年度より緊急消防援助隊登録車両となる救助工作車。主な装備として、車両前部にウィンチ(ロッツラー社製 トライマチック)、クレーン(ユニック社製)、投光器(SHONAN社製)全て最新型を装備する。資機材は緊急消防援助隊設備整備補助に該当する資機材を搭載。大型油圧救助器具、切断器具、交通救助資機材、山岳・水難救助資機材やその他多数の救助資機材等を装備し、多種多様な現場への対応を想定した車両となっている。

 

○支援車Ⅳ型(上消指揮1)

ベース車両:トヨタ ハイエース スーパーロングワイドハイルーフ 4WD AT 寒冷地仕様

艤    装:株式会社 田原商会

サ  イ ズ:長さ 5380mm 幅1900mm 高さ 2410mm

特    徴:ベース車両をハイエーススーパーロングワイドハイルーフとし、車内の積載庫と活動スペースを確保。積載庫には前指揮1に積載していた指揮活動用資機材を載せ替えた他、新たに指揮台、投光器、要救助者等のプライバシー保護の為のプライバシーシート等を導入。その他にもワイヤレスマイクを用いた広報活動、車両左側面上部に装備したサイドオーニング(天幕)を装備。

 

 

 

地域事業所等で火薬類の取扱いを計画されている皆様へ

火薬類取締法の改正に伴い、平成29年4月1日から「小型煙火」を消費するには許可」が必要になりました。
小型煙火を消費しようとする日の
1ヶ月前までに申請する必要があります。(※事務手数料が必要となります。)
※ 小型煙火とは、数十本あるいは数百本束ねた紙製の噴出筒または打揚筒が段ボール箱等に収納され、点火することで煙火部分が連続して発射され効果を現す製品。火薬量が火薬取締法に規定するがん具煙火を超えている煙火(花火)のこと。

◇許可に必要な主な申請書類◇
1.煙火消費許可申請書(煙火)(様式第1号)                                                                            2.火薬類(仕掛煙火)の種類及び数量(様式第1号2)                                                    .煙火消費計画書(様式第2号・様式第2号の2)                                                                                                                                                     4.煙火消費従事者等報告書(様式第3号)
.保安教育実施書(様式第4号)
6.煙火消費場所付近見取図(様式第5号)
7.申請手数料
8.煙火の仕様書
9.煙火消費保安手帳(1種・2種・臨時のいずれか)の写し
以上の申請書類が必要になります。尚、上益城消防本部のホームページから申請書はダウンロードできます。
※詳細は上益城消防本部予防課危険物係にお問い合わせください。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□許可申請に関するお問い合わせ先
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□上益城消防組合消防本部
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□予防課危険物係 0962821963

 

様式第1号火薬類消費許可申請書
様式第1号火薬類消費許可申請書
様式第1号の2火薬類の種類及び数量
様式第1号の2火薬類の種類及び数量
様式第2号煙火消費計画書
様式第2号煙火消費計画書
様式第2号の2煙火消費計画
様式第2号の2煙火消費計画
様式第3号煙火消費従事者等報告書
様式第3号煙火消費従事者等報告書
様式第4号保安教育実施書
様式第4号保安教育実施書
様式第5号煙火消費場所付近見取図
様式第5号煙火消費場所付近見取図

もしもの時に役に立つ「緊急連絡カード」をご活用ください

救急車を呼ぶ事態となった時など、いざという時の為に必要な情報をあらかじめ書き留めておくのが「緊急連絡カード」です。

このカードを救急隊員などに渡すことで、医療機関への搬送時間の短縮や救命率の向上、後遺症の軽減にも繋がることが期待できますのでご活用ください。

上益城消防署・山都消防署・蘇陽出張所でもお配りしています。詳しくは上益城消防本部警防通信指令課まで気軽にお尋ねください。

緊急連絡カードのダウンロードは下記様式をクリックしてください。

緊急時連絡カード様式

緊急連絡カード携行用

第43回熊本県消防救助技術大会及び第46回九州地区消防救助技術指導会出場について

 第43回熊本県消防救助技術大会が5月26日(金)、30日(火)に行われました。当該大会は、例年熊本県消防学校にて実施されておりましたが、今年度は地震による被害から大会を2日間に分けて実施され、30日(火)は当消防本部が会場となり、県内の消防職員が日頃の訓練の成果を競い合いました。

当消防本部から、6種目に合計25名の職員が出場し、引揚救助の部において北野隊員チーム(本田士長、北野消防士、藤本佑消防士、岩永消防士、内村消防士)が見事1位通過を果たし、6月30日(金)沖縄県にて開催される第46回九州地区消防救助技術指導会への出場権を獲得しました。