令和4年度 甲種防火管理再講習会の開催について

甲種防火管理再講習会のお知らせ

1 実施日  令和5年2月17日(金) 9時20分~11時50分

2 受講場所 上益城郡御船町大字辺田見169 上益城消防組合消防本部(3階多目的ホール)

3 受講申込 令和5年1月16日(月)~1月27日(金)まで

上益城消防本部予防指導課へFAXまたはE-MAILでのみ受付け
受講申込書は、関係事業所に送付してあります。
なお、こちらからもダウンロードできますので、ご活用ください。

4 受講料  1,500円(テキスト代含む)は、受講当日に徴収いたします。

5 その他  詳しくは下記へお問い合わせください。

            連絡先 上益城消防組合消防本部 予防指導課
Tel:090-282-1963
Fax:096-282-3282
E-Mail:fs-yobou2@kamimashiki-fd.or.jp

防火管理再講習会案内

冬場の火災にご用心

アサイド

 寒さの厳しくなる冬場は石油ストーブ電気ストーブ等の暖房器具を使用する機会が増えます。暖房器具は使用方法を誤ったり、適切な管理を行わない場合、重大な火災に繋がる恐れがありますので注意が必要です。
 ※暖房器具の火災は、住宅火災の出火原因としては3番目に多く、死者の発生した住宅火災においては2番目に多い出火原因となっています。(令和3年中)

《安全に使うための注意事項》

  1. 暖房器具の周囲に可燃物を置かない。暖房器具の上部で洗濯物を乾かさない
  2. 石油ストーブを使用する場合は、古い燃料を使用しない※不完全燃焼や異常燃焼等、予期しない事故発生の恐れありがあります。
  3. 石油ストーブを給油する際は、確実に消火してから給油する。
  4. 石油ストーブの燃料の誤給油に注意※ガソリンを誤給油し、異常燃焼を起こした事例があります。
  5. 石油ストーブの給油後は燃料タンクの蓋を確実に締める
  6. 電気ストーブの配線を家具等で踏みつけない※断線を起こし火災に繋がる恐れあります。
  7. 暖房器具は可能な限り自動消火機能があるものを使用する。
  8. 暖房器具を使用する際は適宜換気を行う。※一酸化炭素中毒にいたることもあります。

 

 

住宅防火 命を守る10のポイント

 様々な火災の中でも、特に住宅で発生する火災で多数の死者が出ており、その出火原因はたばこ、ストーブ、コンロ、電気機器など、生活する上で身近にある機器が多くを占めます。
 日頃から取り組んでいただく住宅防火対策として、4つの習慣、6つの対策からなる「住宅防火いのちを守る10のポイント」を取りまとめました。
是非、ご家族の皆様で住宅火災からいのちを守るための対策をご確認ください。

4つの習慣

  • 寝たばこは絶対にしない、させない。
  • ストーブの周りに燃えやすいものを置かない。
  • こんろを使う時は火のそばを離れない。
  • コンセントはほこりを清掃し、不必要なプラグを抜く。

6つの対策

  • 火災の発生を防ぐために、ストーブやこんろ等は安全装置の付いた機器を使用する。
  • 火災の早期発見のために、住宅用火災警報器を定期的に点検し、10年を目安に交換する。
  • 火災の拡大を防ぐために、部屋を整理整頓し、寝具、衣類及びカーテンは、防炎品を使用する。
  • 火災を小さいうちに消すために、消火器等を設置し、使い方を確認しておく。
  • お年寄りや身体の不自由な人は、避難経路と避難方法を常に確保し、備えておく。
  • 防火防災訓練への参加、戸締訪問などにより、地域ぐるみの防火対策を行う。

 

 

令和4年度 幼年消防クラブ「消防の絵」表彰式開催

令和4年11月12日(土)管内幼年消防クラブの子どもたちに「消防の絵」を募集し269点の作品が提出されました。

どの絵も迫力があり、かっこいい消防車や隊員を上手に描いてくれました。その中で、最優秀賞1名、優秀賞3名、入賞9名の13点の作品を選び、表彰式を上益城消防本部にて行いました。
増田消防長から表彰状の授与、また上益城地区危険物安全協会の上田会長から副賞が贈呈されました。

最優秀賞 御船町 若葉保育園   安原 楠浪 (やすはら ななみ)
優秀賞  甲佐町 若草保育園   赤星 蓮華 (あかほし れんげ)
優秀賞  山都町 明光保育園   坂本 陽仁 (さかもと はると)
優秀賞  嘉島町 東部幼光保育園 早野 桂生 (はやの かい)

 

 

表彰式終了後、消防車両の見学を行い、普段見ることが少ない消防車を目の当たりにした子どもたちは、質問したり触れ合うことで消防の理解が深まったと思います。式、車両見学は終始笑顔で終了しました。

感染症対策の為.入賞者にはそれぞれの園にて表彰式を行います。
入賞 御船町 こども園みどりの里  平井柚葉  (ひらい ゆずは)
       高木保育園      川根碧桜  (かわね みお)
       上野保育園      荒木桜雪  (あらき さゆき)
   嘉島町 かしま幼稚園     勢戸侑華  (せと ゆうか)
       嘉島保育園      小鉢朔太郎 (こばち さくたろう)
       幼光保育園      雪野未紘  (ゆきの みひろ)
       おひさまリリー保育園 東平公正  (ひがしひら こうせい)
   山都町 さくらんぼ愛園    木原琥太郎 (きはら こたろう)
       みたけ保育園     飯星優奈  (いいほし ゆうな)

令和4年度第2回甲種防火管理講習会を開催しました

令和4年11月17日(木)・18日(金)の2日間、上益城消防本部にて甲種防火管理(新規)資格取得講習会を開催しました。

防火管理講習会の模様

令和5年2月に甲種防火管理再講習を予定しています。

防火対象物の点検及び報告の義務がある対象物の防火管理者に選任されている方で、最終受講日(新規又は再講習)から5年を経過する方は受講をお願いします。

山都消防署建設検討委員会報告書の公表について

令和4年10月19日、山都消防署庁舎建設検討委員会澤田委員長(熊本県立大学教授)から、当消防組合管理者宛てに委員会からの答申及び報告書の提出が行われました。
本委員会は、山都消防署の建設手法、いわゆる現在の1署1出張所体制を維持するのか、または、統合し1署体制が望ましいのかについて、また、建設にあたっての大まかな建設候補地について検討することを目的とし、委員は、大学教授、消防組合議員、山都町住民代表(山都町議会議員、山都町商工会長、町区長会長)、医療機関代表、消防本部消防長の14名で構成されています。

検討委員会報告書(R4.10.19)

第50回全国消防救助技術大会出場に出場しました。

令和4年8月26日(金)東京都立川市で全国救助技術大会が開催されました。これは日本全国から選び抜かれた隊員たちが、救助技術の速さと正確さを競い合う大会です。当消防本部からは藤本消防士がはしご登はんに出場しました。

全国の救助隊員から受けた刺激、出場した貴重な経験を基に、これからも住民の皆様の安心・安全を守るため、更なる救助技術の向上に取り組んでまいります。

  

 

ご覧になる方はURLをクリック
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓