第50回全国消防救助技術大会出場決定!

令和4年5月27日(金)熊本県消防救助技術大会が熊本県消防学校で開催されました。

当消防本部からは4競技12名が出場しました。
はしご登はんの競技で藤本隊員が全国大会の切符を手にしました。

第50回全国消防救助技術大会は8月26日(金)に東京・立川で開催されます。
全国での健闘を祈ります。
大会ホームページから動画をライブ配信予定。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
https://rescue-meet2022.tokyo/

 

・はしご登はん  標準所要時間:24秒
藤本隊員記録:14.68秒
自己確保の命綱を結索した後、垂直はしごを15メートルかけ登る競技です。災害建物への進入等、消防活動には欠かせない訓練です。

 

令和4年度 第1回防火管理資格取得講習会、申し込み締め切りのお知らせ

令和4年度甲種防火管理(新規)資格取得講習会の受講者を募集していたところですが、第1回(6月23日、24日開催)募集分は申し込み期間内ではありますが、申し込み人数が募集定員の35名に達しましたので募集を締め切らせていただきました。

次回の開催は11月17日(木)、18日(金)の開催予定となります。

R4防火管理資格取得講習会開催のお知らせ

 

第45回 九州地区消防職員意見発表会の結果について

去る4月28日(木)、沖縄県那覇市にて開催されました「第45回 九州地区消防職員意見発表会」に当消防本部の松本崇伸消防副士長が熊本県代表として出場しました。

結果は、優秀賞(最優秀賞に次ぐ2位)という輝かしい賞を受賞することができました。これまで応援いただきました地域の皆様をはじめ、すべての方々へ感謝申し上げます。

(写真は後列右が松本副士長です)

野焼きによる火災の注意喚起について

上益城消防組合管内では本年に入り火災が多数発生しており、野焼き等が原因での火災が後を絶ちません。野焼き等を実施される場合は、風の強い日や周囲の状況等に十分留意して火災を起こさないようにしましょう。                                                            ⁂詳しくは「野焼きによる火災に注意」をご覧ください。

野焼きによる火災に注意

 

 

 

『住宅防火いのちを守る10のポイント』

 全国では、住宅火災により1年間に約900人の尊い命が失われています。その多くが火事からの「逃げ遅れ」によるもので、その中で65歳以上の高齢者は615人と全体の約70%を占めています。この割合は年々増加しています。そんな中、高齢者の生活実態等を踏まえて、総務省消防庁において作成されていた「住宅防火 いのちを守る 7つのポイント」が「住宅防火 いのちを守る 10のポイント」へ改正されました。

つの習慣

1 寝たばこは絶対にしない、させない

2 ストーブの周りに燃えやすいものを置かない

3 こんろを使うときは火のそばを離れない

4 コンセントはほこりを清掃し、不必要なプラグは抜く

つの対策

1 火災の発生を防ぐために、ストーブやこんろ等は安全装置の付いた機器を使用する

2 火災の早期発見のために、住宅用火災警報器を定期的に点検し、10年を目安に交換する

3 火災の拡大を防ぐために、部屋を整理整頓し、寝具、衣類及びカーテンは防炎品を使用する

4 火災を小さいうちに消すために、消火器等を設置し、使い方を確認しておく

5 お年寄りや身体の不自由な人は、避難経路と避難方法を常に確保し、備えておく

6 防火防災訓練への参加、戸別訪問などにより、地域ぐるみの防火対策を行う

リーフレットはこちら 

住宅防火いのちを守る10のポイント

                  お問合せ先  予防指導課  096-282-1963

                         上益城消防署 096-282-1955

                         山都消防署  0967-72-1610